声を出して歌を練習しよう

言葉を発してみる方法

裏声で、歌うこともボイストレーニングになります。
ですがいきなり歌えと言われても、上手くできない人が多いと思います。
そもそも裏声を出すのが苦手だと思っている人も見られます。
その人は、裏声を出す練習をして、自由に出せるようになってください。
裏声出、単語を発するだけでもボイストレーニングになります。
音程は気にしなくて良いので、とりあえず単語を読んでください。

本や新聞に書いてあることを読むと良いでしょう。
毎日続けていれば、自由に裏声を出せるようになります。
それから、裏声で歌う練習をしてください。
最初は裏声を出せない人が多いので、出なくても慌てないでください。
地道に練習することが大事です。
少しずつレベルアップしましょう。

音程を合わせるボイストレーニングをする

自由に裏声を出せるようになったら、ドレミファソラシドを裏声で練習してください。
その時にピアノがあれば、音取りをしながら練習しましょう。
音取りをすれば、もっと音程を合わせやすくなります。
ピアノがなくても、スマートフォンのアプリを使えばピアノの音を出せます。
無料でインストールできるアプリがあるので、ボイストレーニングのために用意しておきましょう。

同じ音程だけでは、レベルアップしません。
1オオクターブ高くしたり、また低くしたりしてください。
高い声と低い声の、限界まで挑戦しましょう。
すると自分の音域も分かります。
このボイストレーニングを続けていれば、音域を広げることもできます。
狭くてもショックを受けないでください。


この記事をシェアする