積極的に練習することが大事

腹式呼吸を意識すること

腹式呼吸をすると、いつもより息を多く吸います。
ですから肺活量が増えるメリットがあります。
歌いやすくなるので、腹式呼吸を意識してください。
まだ歌うことになれていない人は、胸式呼吸のまま歌っている傾向が見られます。
それでは息が続かず、高音を出すこともできません。
寝ている時は、誰でも腹式呼吸になります。
腹式呼吸がどのようなものか分からなかったら、寝て確認してください。

いつもより深く息を吸うと、自然と腹式呼吸になります。
最初は慣れなくて違和感を抱くかもしれませんが、慣れれば歌いやすくなります。
歌う時以外でも、普段から腹式呼吸を意識してください。
すると、早く慣れます。
歌う時の基本なので、忘れないでください。

小刻みに息を吐こう

犬の呼吸のように、小刻みに息を吐くボイストレーニングがあります。
腹筋を使うので、意外と疲れます。
最初は疲れたらそこで終了しても構いません。
最終的には、1分ぐらい続けられるようになってください。
立ったままの状態で、犬の呼吸をして見ましょう。
腹筋に負担をさらに与えるため、身体を折り曲げても良いです。

また、長時間息を吐き続けるボイストレーニングも腹式呼吸を鍛えることに繋がります。
大きく息を吐くと、長く続きません。
細い息を吐いてください。
慣れれば、自由にいろんな息を吐けるようになります。
歌を歌う時に欠かせないスキルなので、まずは息の出し方をマスターしましょう。
吐き方だけでなく、吸い方も同じぐらい大事です。


この記事をシェアする